CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
アンダーカレント
アンダーカレント (JUGEMレビュー »)
ビル・エヴァンス ジム・ホール
62年
二人のカミソリプレイ。理知的でスリリング。デュオの最高傑作
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

1stアルバム
RECOMMEND
ブレイン
ブレイン (JUGEMレビュー »)
上原ひろみ トニー・グレイ マーティン・ヴァリホラ アンソニー・ジャクソン
2ndアルバム
MOBILE
qrcode
<< フジコヘミングを聴く シンフォニーホール | main | アレグリア2を鑑賞がっかり 7月10日大阪 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
チックコリア・エレクトリックバンドを聴く(5月11日大阪ブルーノート)
チックコリア
あー、もうダメですわ。彼らが人間なら私はもうサルにでもなった気分です。ぶっ飛びました。ビシバシ、決めまくり。

大きなステージではアコースティック系としてハービーハンコッックとのデュオなどで聴いていた。いつかエレクトリックバンドの方を聴きたいなあという念願かなったのが、今日の大阪ブルーノートである。

あれですよ!、なにせ私の席から10mほどのところにチックをはじめとするメンバーがいて、それがなにせエレクトリックバンドですよ!こんな近くでいいんですか?!いいんです!

メンバー全員、涼しい顔してあんなややこしい曲を簡単にやっつけます。聴いている方は息つく間もなく、およよよ・・となってる間に1時間半があっというまに過ぎた。

突然ですが、演奏終了後。私のからだに溜まっていたホコリがぜーんぶ叩き出された気分。あーすっきりした。

これも、細かいことは書きますまい。

20年近く前から今でも世界最高峰と言えるかもしれないフュージョンバンドである。他の軟派なへたくそはもう聴かなくてイイ。って感じだ。

そういえば、もう15年以上も前だが僕はチックコリアの直筆サインが入った本を手に入れていたなあ。

チックコリアはOT-8、僕はもうずっと長い間クリアのままだ。
| ミュージック | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:10 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://twc.jugem.cc/trackback/61
トラックバック