CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
アンダーカレント
アンダーカレント (JUGEMレビュー »)
ビル・エヴァンス ジム・ホール
62年
二人のカミソリプレイ。理知的でスリリング。デュオの最高傑作
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

1stアルバム
RECOMMEND
ブレイン
ブレイン (JUGEMレビュー »)
上原ひろみ トニー・グレイ マーティン・ヴァリホラ アンソニー・ジャクソン
2ndアルバム
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
iMacG5実質的な修理が開始された
ファンの騒音問題を抱えたiMacG5の続き。

やっとこさAppleJapanでiMacG5の修理受付が始まった。
発売から何日かかっているんだろ。

Appleから電話をもらい、"ミッドプレーン"を在宅で交換する手はずとなった。
| 仕事 | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
iMacG5 17インチのファン騒音問題
あまりにもうるさい。

USサイトでみつけた表現だけれど、ほとんど"Buzz"音。小さなブザーが鳴っているようなノイズがファンの回転と共に発生している。初期不良と思って新品交換してもダメなので、ロットで不良が発生していそうだ。

日本のAppleサポートでは、この製品に対してはまだサービス体制が整わず、実質的にお手上げ状態であることがわかった。

よって自分でできることは自分でする。「自己責任」というやつだ。
続きを読む >>
| 仕事 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
新型iMac G5の姿
iMacG5

ううむ、スペックとしてはかなりお買い得だと思うけど、どうもなんかモッチャリしたデザインじゃないかなあ。

なんていうか、Apple的なキレの良さがないつーか。
これでボディをベージュかなんかの色にしたらまんまNECか富士通みたいな感じだと思うのはオレだけ?

でもG5の1.6Ghzのマシンがこの価格で手に入るんだから買っちゃおっかな。
| 仕事 | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
新しいマウスはスエーデンから来たウッド製
天然石マウスパッドに続き、ウッド製のマウス。



前から気になっていたプラスチック製マウスの手触り。これを解決するにはウッドしかないと思っていた。

しかし、ウッド製つーのがそもそも市場に出てなくてほとんど選ぶ余地なし。今簡単に国内で入手可能なのはコレ、SWEDX社の物。

塗装なしのマホガニーは表面の仕上がりがかなりよく、大変良い手触り。木目の雰囲気もまあまあ。

ただし、私の好みとしては今まで使っていたのよりかなりでかいタイプ。手首の使い方をまったく変えてしまう必要がある。まあ慣れだと思うけど。

ところでこの木の手触りというのは、どこか心がなごむと思う。プラスチックのピタピタした感じの物を一日中触り続ける気がしない。

そうそう、忘れていたけどコンピューターの歴史の中で、最初のマウスというのはウッド製だったと思う。それはゼロックスのパロアルト研究所にあったんだな。
| 仕事 | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
天然石のマウスパッドだ

私はかれこれ20年以上パソコンを使っているけど、マウスとマウスパッドについて納得が行く品物に当たったことがない。

「20年も前のパソコンってマウスが使えたか?」

と思う人もいるかも知れない。
または

「昔のパソコンはマウスが使えなかったの?」

と思う人もいるだろう。

そう、かなり昔のパソコンはマウスなんて使えません。
アップルだってマイクロソフトだって昔々はマウスが使えませんでした。

ただ、パソコンということに話をしぼれば、多分アップルのマッキントッシュがマウスでOSを使うパソコンの走りだったと思う。

というところで、マウス&マウスパッドとの付き合いが20年を越えるけど、これら体の一部になりそうなほどの重要な道具について、ずっと使おうと思えるという製品がないんだなあ。

ことマウスに関しては、大変重要な入力デバイスであるのに恐ろしくチャチな物が多く、チャチでなければデザインがいまいちであったりと本当に選べない。私の場合、かなりな時間マウス操作で過ごすんだが、それにしたって指が当たる周辺の塗装やメッキが数ヶ月ではげるのはどうしたもんだと思う製品もあった。

デザインとしてはアップル純正品が歴代のマウスとしてかなり上出来だと思うのだが、いかんせん、1ボタンにこだわりすぎ。仕事でテキパキ使おうと思うと、現在はやはり2ボタン1ホイールに落ち着くと思うのだがどうだろう。

アップルがオプションで出してくれたいいのになあ。

ところでマウスパッド。

これもマウスと同様になかなか選べない。まずはマウスとの相性がある。滑り心地やら、今のように光学マウスでない時代にはボールの転がり具合なんか。マウスと対で考えねばならなかった。

マウスを新しくするたびに、マウスパッドとの相性がいまいちになって新しく買い替えなんてことがよくある。まあ、たいして高価な物じゃないからいいんだけど。

さて、そして今回の天然石マウスパッド。今使っている光学マウスとの相性はまあまあ。滑り加減と滑らなさ加減のバランスが大変よろしい。

夏場はひんやりとしていて手が気持ちいい。といった利点があった。石だから当然重く質感のある触り心地もグッド。

それから、表面は合成樹脂製の物に比べて何倍も硬いだろうから、もしかして半永久的な耐久力がありげ。

しかし、そのストーンマウスパッドにも使われている材料は様々。

今回購入したのは桜御影石(さくらみかげいし)という物。他にはもっと良いがらの大理石などもあったがこっちは価格的にお高いのです。(だいたい4千円くらいから)

んで私の御影石の方は2千円程度だ。

御影石(みかげいし)、どっかでよく見る石なんだが、そうそう、墓石だ。

墓石でなけえば、それらの周りにある囲いとか、方々でよく見かける。

墓石のがらのマウスパッドなあ。墓石という連想さえなければかなり使い心地はいいのだけどなあ。
| 仕事 | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
iBook G4のキーボードは
前の記事ではiBookG4の画面表示の汚さについて触れました。

いやしかしもっとまずいのはキーボードであることが発覚。これはショップでちょっと触っただけではわかりにくいこともありそう。

そしてたぶんマシン固有の個体差もありげ。

続きを読む >>
| 仕事 | 02:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
アップルの販売員をボロクソに
いや思わずボロクソに文句たれてしまいました。アップルの販売員に。

同時に、アップルの販売員はマクドナルドの販売員と同じだということに気づいたのだ。

本日、女房が手持ちのWinマシンにあいそが尽きたというのでいっそのことと、アップルのiBookを買うことにした。いわゆるWin→Macへの乗り換え。

目的のマシンのスペックを調べ、追加RAMの容量やらを選択しておき、例によってヨドバシカメラへくりだした。

続きを読む >>
| 仕事 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>